歯の矯正は子供のうちに済ませておこう|子供に最適な治療方法を選ぶ

歯並びは早めに治療しよう

笑顔

日本ではまだあまり浸透していませんが、欧米では子供の頃に歯の矯正を終わらせることがほとんどです。歯並びの悪さは虫歯や歯周病のリスクを高めるだけでなく、顔の輪郭や滑舌にまで影響を及ぼします。では具体的にどのような歯並びだと矯正が必要なのでしょうか。悪い歯並びにはいくつかパターンがあります。主な例を挙げると、まず一つ目が「受け口」です。上の歯よりも下の歯が前に出てしまい。噛み合わせが逆になっている状態のことをいいます。サ行やタ行の発音が上手くできない場合があります。二つ目は「開咬」です。奥歯を噛んでいるにも関わらず、上の歯と下の歯の間に隙間ができている状態です。見た目が悪いのもありますが、後々顎関節症になりやすくなります。三つ目は「出っ歯」です。これはみなさんもよく知っているでしょう。上の前歯が前に突き出ている状態のことで、とくに子供の頃はそれを理由にいじめられることもあり、子供にとって精神的なストレスになります。

子供の歯の矯正を始めるタイミングは6~10歳頃がいいとされています。ちょうど永久歯に生え変わる頃で、完全に永久歯に生え変わる前に始めるのがベストです。歯の矯正治療には様々な方法があり、矯正装置の種類によって発生する費用や治療にかかる期間が異なります。「治療期間が長いと子供が嫌がるので、できるだけ早く終わらせてあげたい」「目立たないように矯正させてあげたい」など、要望は色々とあるでしょう。歯の矯正方法については治療の前に担当の歯科医師としっかり相談をして、子供の希望も聞きながら最適な方法を選択してあげるようにしましょう。

失敗しない歯医者の選び方

歯

インプラント治療は、治療を行なう歯科医師に高度な技術がなければ失敗に終わってしまう可能性があります。治療に失敗しないようにするためにも大分の歯科医院は慎重に選ぶことが大切です。

もっと見る

最近人気の裏側矯正

歯科

裏側矯正は最近登場した矯正方法で、今までのブラケット矯正の不満を解消してくれます。裏側矯正には様々なメリットがあるので、検討中の人のためにいくつかご紹介したいと思います。

もっと見る

訪問診療のメリット

歯医者

戸塚の歯科では訪問診療を行なっているところがあります。訪問診療では自宅や施設などで気軽に歯科治療やケアを受けることができます。体が不自由な人でも家族に負担をかけることなく治療を受けられることから、最近利用する人が増えてきています。

もっと見る